Step2:TSDをしよう

  戯言

初心者脱却への道、2歩目です。
TSDの作り方をメインに解説していきます。

T-Spinとは

T-SpinはTミノを用いた特殊な消し方のことです。
大きく分けて3種類あります。


① T-Spinで1ラインを消すT-Spin Single(TSS)
② T-Spinで2ラインを消すT-Spin Double(TSD)
③ T-Spinで3ラインを消すT-Spin Triple(TST)



このT-Spinは通常の消し方より高火力であり、素早く効率的にT-Spinをする事が勝利への鍵となります。

下の表はテトリスの火力表になります。

通常の2ライン消し(Double)は火力1ですが、T-Spinを用いた2ライン消し(T-Spin Double)は火力4になっています。
さらに連続でT-SpinやTETRIS(4ライン消し)をするとBtBというのが付き、火力に+1のボーナスが付きます。


対戦中は主に②の「TSD」を使います。

理由は多々ありまして、地形維持や火力効率、まとめ撃ちのしやすさなど…。
とりあえず今は、「TSDが大事なんだな」ということを念頭に置いて頂ければ結構です。


基本的なTSDは以下のとおりです。


Step1でやった「開幕TSD」と同じですね。
Tミノが入る地形に屋根つけて、ソフトドロップで落として回転させる…という感じです。

Step2では、このT-Spinづくりに慣れるというのが目的になります。

練習方法

早速、練習方法に参りましょう。
ですが、その前にTSDの作り方をご説明します。

まずは基本の形を確認しましょう。

こちらですね。


Tミノを下にした空洞、そして片側だけ屋根がある形です。
この形さえ理解しておけば大丈夫です。


では、これを踏まえて問題です。
下の画像のような地形があったとします。


あと何のミノがあれば「TSD」を作ることが出来るでしょうか?







それでは、具体的な練習方法になります。
1列だけを空けてその上でTSDを作り続けるという練習になります。

モードは「マラソン」あたりが良いと思います。

ゲームがスタートしたらStep1同様、開幕テンプレを組みましょう。


開幕DT砲を組みました。
Step1ではここで終わりでしたが、ここからTSDを作る地形まで展開していきます。

ここで、「派生」を覚えていると楽に展開できます。


「TKI積み」に派生しました。(DTTKI派生と呼ばれるやつです。)

これも、ライン消去をしていきましょう。


かなり綺麗な地形が残りました。
開幕DT砲は残しの地形がそこまで綺麗では無いので、こういった派生は覚えておくとオススメです。

※ちなみにこんな流れでした。

※画像クリックで再生※

さて、このような地形が残りましたが、ここからアドリブでTSDを作っていきます。


1マスだけ空けてその両サイドに積み上げて行きます。
今回は左側3マス目が空いてますのでここを軸にします。


実はこの地形、既にTSDが作れる事にお気づきでしょうか。
練習の時もやりました、Sミノを置くタイプですね。


左から3マス目にTSDを作ることが出来ました。

ちょうどTミノもきたのでTSDをしましょう。


これがTSDをした後の地形です。

そしたら、また左から3マス目を空けて更に積み込んでいきます。
高さを合わせることを意識しましょう。


また、TSDできそうな地形になりましたね。

Oミノを置いたら屋根になりそうですね。


このような感じで1マスだけ空けて、TSDを作って行って下さい。


空ける場所は”端でなければ”、どこでも大丈夫です。
また、TSDが見つからないときは、どんどん積み上げて構いません。


高くなってしまったら、Iミノを用いてTETRISをしましょう。
TETRIS以外の余計な削りなどは極力しない方が良いです。(置きミスのリカバリーならOKです。)

流れをまとめますと…

① 開幕テンプレを組む
② 派生などに展開して、たて1列が空いた地形をつくる
③ 空いた穴の両サイドを積み上げてTSDを探す
④ 高くなったらTETRISで解消する
⑤ ③と④の繰り返し…

このような感じになります。


この流れは実戦でも殆ど同じです。
そのため、慣れてきたらCPU戦や対人戦などでも練習することが可能です。


TETRISトップレベルのプレイヤー、kazuさんの動画もご紹介しておきます。
極めるとこのような感じになります。



これで、Step2はおしまいです。
空ける列の位置を変えたりして、繰り返しTSDをつくる練習していきましょう。

チェックポイント!
  • 開幕テンプレから中盤へ移行できる
  • TSDの作り方が分かる
  • ある程度、直列の上でTSDを作り続けられる